×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

orobiancoshop.himegimi.jp|葉酸が妊娠初期に重要な理由【摂取不足で起こる障害】

葉酸が妊娠初期に重要な理由などについて記しています。
HOME ≫ 太陽光発電で売電すると確定申告が必要なの?

太陽光発電で売電すると確定申告が必要なの?

太陽光発電で売電すると確定申告が必要となります。

会社に勤務していて、所得税が天引きされている人は、確定申告をしなくてもいいんです。

確定申告は、雑所得が20万円を超えた場合にしなくてはいけません。

例えば、太陽光発電による売電収入や副業です。

しかし、太陽光発電による売電収入は、ほとんどの場合、確定申告しなくてもいいんです。

この雑所得というのは、収入のことを指しているのではありません。

収入から経費を引いた分が、雑所得になります。

経費というのは、設置費用×償却率×発電した電力から売電に回した割合で計算できます。

この計算で出された経費を年間の売電収入から引くと、ほとんどの場合、20万円を下回るのです。

20万円を下回った場合は、確定申告をする必要がありません。

しかし、副業をしている場合は、副業での雑所得と売電の雑所得を足します。

合計で20万円を超えた場合は、確定申告をしなければなりません。

普段、確定申告をしない人は忘れがちですが、一度計算してみて、20万円を超えた場合は、忘れずに確定申告をするようにしましょう。

PAGE TOP